Pages

MTB専用シューズ FIVE TEN : IMPACT VXi を買ってみた

2018年1月9日火曜日
シーズンオフ、それは物欲の季節
夏は閑散としていたゲレンデも、今やウィンタースポーツのシーズン真っ盛り。
広々として自由に使えた駐車場がスキーヤーやらスノーボーダーやらに埋め尽くされているようですね。
かく言う僕も先日始めてスキーというものを教えてもらい、いたく気に入って板を買おうかどうか悩んでいる所です。

一方でMTBの方はすっかりシーズンオフ。トレイルやゲレンデのコースも雪に埋もれ、春まではお預けです。(ファットバイクでゲレンデ滑走なんてのも憧れますが……)
プロでも無ければオフのトレーニングなんてのもやりませんし、暇なオフシーズンにやることと言ったらひとつ。物欲解消です。

靴ほど増えるものはない
個人的なイメージですが、靴ほど用途別に細分化されている趣味の道具も無いように思います。
かく言う僕も登山靴に始まりトレッキングシューズ、ボルダリングシューズ、夏用長靴、冬用長靴、ウィンターブーツ、サンダルetc……足は2本しか無いと言うのに無駄に靴ばかり持っています。

しかしそれだけ種類があるというのは最適化にそれだけの価値があると言う事の裏返し。僕も去年の夏は延々「靴は専用の買うと、違うよ」と言われ続けていました。
実際トレッキングシューズでダウンヒルをやっていると木の根が多いシングルトラックなど、身体を上下に揺すられるようなシーンでしばしばペダルから足が浮いて怖い思いをしたものです。
SPDを使うとか、そもそもちゃんと身体で衝撃をいなすとか、やることは色々ある気もしますが手っ取り早く問題を解決するなら専用シューズが良いらしく……
来シーズンに向けた準備と称してついにMTB専用シューズを買ってしまったので今回はそのレビューです。

IMPACT VXi
可愛い箱で届く
購入したのはMTBシューズ業界では定番の(つまり一般の人にはまっったく知名度の無い)FIVE TENからIMPACT VXi
周りのライダーを見てると大体の人がこのFIVE TENかSHIMANOのシューズを履いているように思います。

このIMPACT VXiはジャンルとしてはフラットペダル用のライトダウンヒルシューズに分類されるようで、全体的にかなりしっかりとした作りになっています。
ちなみに国内で購入すると2万円少々ですが、今回はCRCでセールになっており1万円ほど。そもそもFiveTenのシューズは一時国内での流通が無くなるなど入手性が極めて悪そうなので海外通販でポチリと買ってしまうのが良いかもしれませんね。

サイドにもしっかりとMi6の文字が
一番のウリはMi6と呼ばれる極めて厨二病的なネーミングのコンパウンドだそうです。非常に柔らかくペダルへの食いつきが良いようで、実際にソールを触ってみるとかなりねっとりとした質感になっています。

MTBシューズの特徴であるフラットなコイン状のソールパターンは初めて見ると驚くかもしれません。
そもそもMTB向けのフラットペダルにはピンと呼ばれるトゲトゲが山ほど生えているので登山靴のような凹凸は必要ないみたいですね。

参考:SHIMANO SAINT フラットペダル

飛び石やクラッシュで何かとダメージを受けやすい爪先部分はかなり太い番手の糸で縫い込まれていて剥がれにくそう。

インソールは程よいクッション性があり、踵の部分が立体的に作られているのでずれにくくて良い感じ。
土踏まずのサポート等はあまりないので人によっては入れ替えても良いかも知れませんね。

替えの靴紐も付属。何かと汚れるのでありがたい。

あとは実際に走ってみてどれだけの違いが実感できるかですね。
地面と接するタイヤを変えると劇的に走りが変わると言うのは経験的に知っているので、バイクと接しているシューズを変えるのも非常に効果がありそう。今から楽しみになってきます。
Read more ...

お手軽ローテーブルを自作

2018年1月8日月曜日
半端なモノは自分で作る
以前からアウトドア向けのチェア(HelinoxのChair One)に座りながら使う中途半端な高さのテーブルが欲しいと思っていたのですが、世のテーブルは座椅子で使うローテーブルか普通の椅子で使うテーブルに大別されるようで、中々良いものがありませんでした。
そこで正月休みを活かして、近所のホームセンターで適当に材料を買い込み自作することに。(最近マキタの電動工具を買ったのでそれを使いたかっただけ、という面も)

完成。
天板には以前買ってクルマに放置していた何らかの白木の板を使いました。フレーム部分はお馴染みのツーバイ材。
基本的にカットは全てホムセンでお願いして自分でやるのはコーススレッドをパカパカ打っていく作業だけ。ほとんどレゴブロックの要領です。

仕上げは色々考えたのですが、蜜蝋ワックスという初めて使うオイル系の仕上げを採用。
天然の蜜蝋と亜麻仁油を少しずつ塗り込むというオーガニックでナチュラルでハートフルなプロセスです。
耐久性やらはどうなのか知りませんが、オイル系の仕上げは木目がゆっくりと浮かび上がってくる感じで結構好きです。色を塗って仕上げると言うより木材の色をそのまま残すシンプルな所が良い。
撥水性もそれなりにありますが、飲食をするには少々不安がありますね。食事用のテーブルは凹凸のない一枚板の方が良いでしょうし、また改めて作っても楽しそうです。

ただ今回ユニクロのコーススレッドを使ったのですが、手汗やらで錆びてくるらしいのでネジ部分だけ何かしら塗装をするか、SUS製のモノに打ち替えるかしようと思います。

自分で手をかけて作ったものを毎日使うと言うのはポンとモノを買ってくるのとは全く違った楽しさがあって良いものです。
そのうち木工と革細工を組み合わせて色々作ると楽しそう。広い部屋が欲しいですね……。
Read more ...

Thunder Road : IPA

2017年12月18日月曜日
SEIYUで買えるお手軽IPA

ご存知SEIYUで実は結構色んな種類のビールが売られている事を皆さんご存知でしょうか。
ピルスナー、ペールエールを始めIPAやフルーツビールまで、ちょっと以外なほどラインナップが充実しています。(店舗にもよりけり?)

今回はその中からお手軽な感じのIPAを紹介。結論から言ってしまうとあまり美味しくありませんでした。

苦味はやや強めで飲みごたえがあるんですが、妙な酸味も感じられて微妙。
加えて香りが弱いので全体的にIPA感が薄く、普段少し強めのアメリカンIPAを飲んでいるとちょっと物足りない感じでした。
Read more ...

エチゴビール : FLYING IPA

2017年12月18日月曜日
イカした見た目のさっぱり系IPA
今夜は国内クラフトの大御所エチゴビールから「FLYING IPA」。
みんな大好きIPA、クラフトビールと言えばIPAという人も多いのではないでしょうか。
手に入りやすいところだとヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」何かをコンビニでよく見かけますね。


ただ個人的にエチゴのIPAは初めて?見かけたので思わず購入。
味わいはしっかりとした苦味が感じられてIPAらしいです。ただインドの青鬼(結構にがめ)ほどではなく、IPAが初めてという人でもある程度取っ付きやすいかなと思います。
香りの方も少しさっぱりしていますがピルスナーやペールエールとの違いがはっきり分かる位には華やかに仕上がっています。

全体的に大人しめに、でもしっかりとIPAの味わいを楽しめるビールだと思います。
いきなり海外のガッツリホッピー系を飲んで苦手になってしまうよりはこういう飲みやすいモノでIPAを体験してみても良いかも知れません。
Read more ...

SAPPORO : エーデルピルス

2017年12月17日日曜日
個人的因縁のある限定ビール
SAPPOROのエーデルピルスと言うと札幌にあるビアガーデンで限定販売されていたり、店舗限定で飲めたり、何年か前に数量限定で発売されていたりと、何かと「限定」のイメージがある方も居るかと思います。

かく言う僕も存在自体は何年も前から知っていたものの、機会が無くて中々飲めなかった一品。
「飲める店を見つけて翌月行ってみたら店が潰れてた」と言ういわく付きとも言えるビールだったりもします。

今回またまたWeb限定で発売開始していたので専用グラスとのセット品を買ってみました。



味わいは思っていたほど個性のキレるものではありません。
スッキリとしつつもしっかりとした苦味、ホップの香り、基本は他のピルスナーと同じです。
ただその苦味やホップの香りが非常に上品、繊細で、とても丁寧に作っているのがよく分かります。きちんと味わって飲むピルスナーと言い換えても良いかも知れません。

どちらかと言うと普段から変わり種含めて色々な種類を飲み漁っているクラフトビールフリークの人よりは、「いつも黒ラベル一筋」と言う人に飲んでみてもらってちょっとした違いを感じてもらえれば楽しそう。という雰囲気のビールですね。

実は今回このグラスが欲しくて買ったような所もかなりあります。
ピルスナーグラスが無かったんですよね。特段作りが素晴らしいと言うものではないのかも知れませんが、スタンダードな形状で普段使いにはピッタリです。

※ホワイトバランス調整がメチャメチャなのはご愛嬌です。そろそろちゃんとしたディスプレイを買わなきゃいけませんね……。
Read more ...

KIRIN : GRAND KIRIN WHITE ALE

2017年12月17日日曜日
ビールだと思って飲んだら白ワインだった
・いきなり大手のクラフトシリーズに手を出している
・ピルスナーグラスならともかくビールをロックグラスに注いで飲んでいる
・隣のじゃがりこ(チーズ)が見切れている
と、真面目なビールレビューブログから説教を食らいそうな写真から始まっていますが、このシリーズそもそものコンセプトが「飲んだビールを片っ端から紹介する」なのでご容赦ください。

今回はキリンのグランドキリンシリーズから、最新?のホワイトエール。
「白ワインのような」と但書がありますが、味の感想は「マジで白ワインだった」これに尽きます。
苦味が抑えられており非常に飲みやすく、かと言って甘いわけもなく、ベースはビール。
ただしホップが独特で、本当に白ワインの様な香りが立っています。小麦の風味と相まって良くも悪くもビール感があまりありませんね。
ビールと思って飲むと疑問符がつくかも知れませんが、お酒として飲むなら全く問題なし。

むしろよく言うビール(ピルスナー)の苦味やホップの香りが苦手な人、女性などには受け入れやすいかも知れませんね。
家でさっぱりしたオイル系のパスタなんぞを作って一緒に食べたいような雰囲気。

これまで瓶で供給されていたグランドキリンシリーズも最近は缶で流通するようになっているようですし、ますます買いやすくなってきていますね。
クラフトビールと言うとどうしても小さなブルワリーに目が行きがちですけど、こうして大手が色んな下地を作ってくれるというのは素晴らしいモンだと思います。
Read more ...

ATSUGI Brewing & Cluster : CASH FROM BEER

2017年12月17日日曜日
ビールレビュー…と言うほど大層なものではありません
ご存知の方が居るか居ないか分かりませんが、実は私、個人的にビール、特にクラフトビールと呼ばれる類のお酒が大好きです。
昨今はクラフトビールブームとも言われ、新進気鋭のブルワリー(醸造所)やビアバーが全国で活発に活動されております。
僕がこの手のお酒にハマった数年前とはえらい変わり様で、嬉しいような、ちょっと寂しいような複雑な心境です。

とは言え自分の好きなものが広まって認知されるのは良いことに違いないので、このブログでもちょっとしたビール紹介をしてみようと思います。
もちろん僕はビールの専門家でも何でも無く、好きと言ってもそんなに知識や舌があるわけでもありません。基本的にビールを飲んで「うーん、うまい!」と言って次のを飲んでまた「うーん、うまい!」と言っているタイプの人間です。

飲んだビールの備忘録的なところもありますので、味の感想なんかは話半分に、是非みなさん買って実際に飲んで確かめてみて貰えればと思います。

CASH FROM BEER
第一弾はこれと決めていました。実はビールの写真自体は何本か撮りためてあったのですが、せっかくなら思い入れのあるものから紹介しようと思ってコイツを開けるのを待っていたという次第です。

こちらは千葉県の柏市にある「Cluster」と言うビアバーと、神奈川県は厚木にある「GreenBud!!Beer Public House」と言うビアバーのコラボ商品。
このClusterというビアバー、何を隠そう僕がクラフトビールを飲み始めたお店であり、関東を離れた今でも機会があれば行っている、言うなればホームグラウンドみたいなお店です。
今回機会があってこのコラボビールが手に入ったのでさっそく感想を書いてみようというワケ。

スタイルはアメリカンペールエールになるんですかね?
第一印象はとにかくスッキリ爽やか
アメリカンペールエールと言うと最近ではIPAと区別がつかないくらい濃厚でホッピーなモノが多いように思いますが、これは言うなれば対極かもしれませんね。
ビールのコンセプトが「無限に飲める」らしく、それも納得という感じの爽快感です。

かと言って軽すぎる、俗に言うジャブジャブ系のビールでは到底無く、飲んだ瞬間の爽やかさからは想像し難いホップ感も追ってきます。
ホップの香りに加えてしっかりとした苦味もあり、味わいと飲みやすさを絶妙な所でバランスさせている感じですね。

アルコール度数も5.0%と(各種クラフトビールの中では)控えめなので、飲み始めの1杯目や2杯目にちょうど良いかも知れません。

ちなみに今回は瓶で飲んだのですが、お店に行くとタップで頼むことも出来るみたいです。
しかも今はVer.2.0が開栓しているとか。気になる人は是非お店へ。
Read more ...